印象UP 脱毛

光脱毛は効果なし!で、終わらせないトリセツ(大人版)

光脱毛って、効果なしって本当なの?

 

ちょっと心配になりますよね?

光(フラッシュ)脱毛が、効果がないなんて・・・。

 

でも、

ザンネンながら、光脱毛効果なしというのは、本当でした。

 

光脱毛器、効果なし!って本当?

 

光脱毛 効果なし

光脱毛は、効果なしというのは本当です。

 

 

光脱毛が効果がなしの理由

  • 光脱毛は出力が弱く、効果も弱いです。
  • 効果は一時的な、抑毛です。
  • 抑毛なので、また生えてきてしまいます。

光脱毛だと、出力が弱く一時的な抑毛止まりです。

 

とくに男性は毛が強いので、

「光脱毛では、効果を十分感じられません。」

 

 

光脱毛は、出力が弱く「効果なし」となる場合が多いです。

※毛が弱い体質の人は、効果を感じられる可能性もあります。

 

 

 

光脱毛器の種類って、どんなのがあるの?

 

光脱毛には、4つの方式があります。

 

光脱毛の種類

  1. IPL脱毛:メラニンに反応する光で、黒い毛・毛根にダメージを与える。脱毛サロンや家庭用脱毛器で、多く採用されている。
  2. SSC脱毛:ジェルを塗り光に反応させることで、ジェルの中の抑毛効果のある成分を浸透。
  3. NPL脱毛:弱い光を連続的に当て、毛を作るバルジ領域に熱でダメージを与える。
  4. SHR脱毛:NPLと同じく、蓄熱してバルジ領域にダメージを与えます。NPLより新しく、最新の脱毛方式

光脱毛には、この4種類があります。

 

光脱毛器には、

「IPL脱毛と、SSC脱毛と、NPL脱毛とSHR脱毛」

の、4種類の方式がある

 

 

 

脱毛の方式は、ドンドン進化しています。

ですから、

この他の光脱毛が、登場している可能性もあります。

 

 

家庭用光脱毛器は、効果なしと言えない?

 

家庭用脱毛器は、何万発も照射するので、効果なしとは言えない。

 

家庭用光(フラッシュ)脱毛器

  • 家庭用光(フラッシュ)脱毛器は、エステに比べると出力が弱い
  • 出力が弱いので、一時的な抑毛効果しない
  • ただ、何万発も照射出来るので、まったく効果がないとも言えない
  • 気長にチャレンジ出来るなら、もしかしたら・・・・。

家庭用光脱毛器は、出力は弱いが何万発も照射できる。

 

家庭用の光(フラッシュ)脱毛器は、

「気長に照射すれば、脱毛が完了するかも?」

しれない。

 

 

あくまで何年も何年も、照射し続けた場合です。

 

 

 

エステサロンの光脱毛器と、家庭用どっちが良いの?

 

出力や最新の方式で見れば、エステ脱毛が上!

 

エステと家庭用どっちが良い?

  • 出力や最新技術はエステ脱毛が上。
  • 気持ちよさも、エステの光脱毛が上。
  • 誰にも知られず自分のペースなら、家庭用光脱毛が上。
  • 回数を照射出来ることで言えば、家庭用光脱毛が上。

お金があって、誰かにしてもらいたい人は、エステ脱毛が良いです。

 

 

「コスパで考えれば、家庭用脱毛器がおすすめ」

手軽さや、コスパで考えれば家庭用光脱毛器がおすすめです。

 

ただし、

不慣れな素人の自分がやるので、リスクもあります。

 

 

光脱毛器を使うときの注意点。重大なリスクがあります。

 

家庭用光脱毛器には、リスクもあります。

 

家庭用光脱毛器のリスク

  • 光が強いので、目を傷めるリスクがある。
  • ほくろに反応するので、火傷をするリスクがある。
  • 出力を上げすぎると、ヤケドや肌荒れのリスクがある。

出力が弱い、家庭用光脱毛器もリスクがあります。

 

家庭用光脱毛器には、

「目を傷めたり、ヤケドや肌荒れのリスク」

があります。

 

 

出力が弱い光脱毛器でも、気をつけないと

ヤケドや、肌荒れのリスクがあります。

 

 

 

家庭用光脱毛器の、リスクを下げるための方法。

 

家庭用光脱毛器の、リスクを下げるための方法です。

 

リスクを下げるための方法

  • 目を守るため、濃いめのサングラスをするか、目をそらして照射。
  • 照射する前に、照射部をよく冷やす。
  • 照射した後も、照射部をよく冷やす。
  • ほくろは、100円ショップのシールを貼って保護。
  • 照射後は、よく保湿しておく。

肌荒れを防ぐために、照射の前と後にしっかりとケアしましょう。

 

 

家庭用脱毛器のリスクは、

「しっかりとケアすることで防げます」

 

 

光脱毛、効果が出やすい部分。効果が出にくい部分。

 

光脱毛器には、効果が出やすい部分と出にくい部分があります。

 

効果が出やすい、出にくい部分

  • 光脱毛で効果が出やすいのは、カラダです。
  • 光脱毛で、効果が出にくいのはヒゲです。

体より、顔の毛の方が強いので、ひげは効果が出にくいです。

 

「ヒゲは強く、効果が出にくい」

 

ヒゲは一時的に抑毛出来ても、またすぐ生えてきます。

 

 

 

エステの光脱毛と家庭用、向いてる人、向かない人。

 

エステの光脱毛に向いてるのは、人に施術して欲しい人。

 

向いてる人、向いてない人

  • エステ脱毛に向いてるのは、人にやってもらいたい人。
  • お金に余裕のある人。
  • 家庭用脱毛器が向いてるのは、人にやられるのは恥ずかしい人。
  • 手の届かないところは、やってくれる仲間がいる人。

エステ脱毛はお金はかかりますが、全部やってもらえるので楽です。

 

家庭用光脱毛器は、

「手が届かないところは、誰かにやってもらう」

必要があります。

 

 

家庭用光脱毛器は、何万発も照射できますが、

手の届かないところは、誰かにやって貰う必要があります。

 

 

まとめ

 

光脱毛器は、出力が弱くまた生えてきてしまいます。

とくに、

ヒゲは強いので、光脱毛器ではツルツルにするのは難しいです。

 

 

「じゃあどうすればいいの?」となりますよね。

 

実は、ヒゲ脱毛したのに髭が生えてくることについて、別ページで詳しく書いてあります。

「じゃあどうすればいいの?」にも答えているので、ぜひそちらもチェックしてみてください↓

ヒゲ脱毛で効果なしの理由。これから脱毛する人は、必読です

髭の脱毛したい人のために、光脱毛ではない方法を紹介しています。

-印象UP, 脱毛

© 2021 上がるマン